cocola8月号(2017)プラス

cocola8月号はこちらをクリック

ココラ8月号でご紹介した年齢別の妊娠率の紹介です。
一番見やすい体外受精の年齢別の妊娠率(生産分娩率と言い、出産まで行く妊娠率です)を下記の図に示しました。その妊娠率は年齢が上昇すると低下するという報告です。
例えば、34歳以下の方で15個採卵できると出産まで行く妊娠率は38%です。ちなみに自然妊娠では25%位です。同じ15個卵子が取れても、40歳以上であれば妊娠率は15%です。ただ、40歳以上の方では10個以上取れることはあまりありません。ちなみに15%の妊娠率では、34歳未満の方は2個卵子があれば出産は可能ということになります。
このように卵子の妊娠の可能性は、年齢により決まります。

体外受精の年齢別妊娠率

 

2017年07月21日